洋子の骨盤らくらくウォーキング シェィパー

マイクロダイエットでやせる!について

マイクロダイエットは、リバウンドしにくく、効果のはやいダイエット方法です

マイクロダイエットでやせる!新着エントリー

マイクロダイエットでやせよう

マイクロダイエット・・・一度は耳にしたことがありませんか?マイクロダイエットは個人的には、ダイエットの最終兵器だと考えています。

マイクロダイエットがなぜ、ダイエットの最終兵器と考えているかというと、その理論に破綻するところがないからです。

マイクロダイエットがどういうものなのかを見ていきましょう。

マイクロダイエットは、粉末を水に溶かして作ったドリンクを、食事代わりに飲むだけのダイエット方法です。わざわざ時間をかけてきついトレーニングをする必要もないので、気楽に続けられます。

個人差があるものの、マイクロダイエットの使用者の大半は、数週間〜数ヶ月で目に見える減量効果を体験しています。マイクロダイエットは1袋たったの170kcalなので、短期間でダイエットに成功しやすいのです。

マイクロダイエットは、単にやせるのではなくて、栄養をきちんととりながら「健康的に」やせられることがポイントです。1袋に体に必要な栄養素が50種類も入っていて、栄養価抜群で体にもお肌にも嬉しいダイエットなんです。


●マイクロダイエットの味・種類

ドリンクタイプ7種類、スープタイプ4種類、ゼリータイプ7種類、リゾットタイプ4種類、甘さ控えめタイプ4種類と豊富な種類がそろっている点も、マイクロダイエットの魅力です。さらに間食用のサポートメニューも含めると50種類もあります。

どれも一食170〜260kcalと超低カロリーで、栄養もたっぷりです。しかも、「味がおいしくて驚いた」、「おいしいから全く負担なく続けられた」など、味も抜群との声も多く、マイクロダイエットは今までの栄養食品のイメージを大きくくつがえしています。

●マイクロダイエットのとり方

いくらマイクロダイエットと言えども、きれいにやせるためには正しく効果的な飲み方をしなければなりません。


@粉末を液体に溶かして食事代わりに飲むだけ

マイクロダイエットの飲み方は、とてもシンプルです。一食分の粉末を液体に溶かし、1日1〜2食の食事の代わりに摂るだけです。

Aマイクロダイエットをとるタイミング

朝食・昼食・夕食の中の1〜2食をマイクロダイエットに替えます。いつにするかは、自分の減量計画次第ですが、効果を得やすいのは以下のとおりです。

<マイクロダイエット効果順位表(MDはマイクロダイエット)>

1 朝:通常食 昼:MD 夜:MD

2 朝:MD 昼:通常食 夜:MD

3 朝:MD 昼:MD 夜:通常食

4 朝:通常食 昼:通常食 夜:MD

5 朝:通常食 昼:MD 夜:通常食

6 朝:MD 昼:通常食 夜:通常食

B自分に合ったペースでしましょう

マイクロダイエットは、三食のうちいつとるかを自分で決める事で、自分にぴったりのスピードで減量プランを立てられます。

とにかく今すぐやせたいという人は、1日2回、昼食と夕食をマイクロダイエットにする実行法がおすすめです。昼食や夕食の方が、高カロリーになりがちであり、かつ食後のカロリー消費が少ないからです。


じっくりマイペースにやせたいという人は、1日1回のいずれかの食事のみをマイクロダイエットにする実行法がおすすめ。その他の二食は通常食なので、ストレスなく着実に減量できます。

リバウンドだけは避けたいという人は、1日2回、朝食と夕食をマイクロダイエットにする実行方法がおすすめ。アンケートでも、このようなプランの人はリバウンドが少ないようです。外食の多い昼食を通常食にするプランなので、「ダイエットしている」と感じるストレスが少なく、継続しやすいのかもしれません。


Cマイクロダイエット実行の際の注意点

マイクロダイエットを実行するにあたって、日常生活全般において減量に向けての工夫をしていくことが大切です。単にマイクロダイエットをとっていればやせられるのではなく、普段から体にいい生活を心がけていく必要があります。当然と言えば当然ですが、この点が意外と忘れられがちなので、要注意です。

マイクロダイエットで減量を成功するために、以下の3点は必ず守るようにしましょう。

1.通常食のとり方

マイクロダイエット以外の1日1〜2回の通常食は、500kcal程度に抑えることが必要です。また、できるだけバランスのよい食事を心がけ、肉や魚、緑黄色野菜などもきちんとメニューに組み入れましょう。

2.水分の摂取

体調維持と脂肪分解のため、マイクロダイエットを溶かす水も含め、1日2リットル以上の水分をとるよう心がけましょう。

3.間食や飲酒を控えめに

マイクロダイエットで健康的な食生活をしていても、過度な間食や飲酒をしてしまったら効果はありません。

さて、なぜマイクロダイエットは、これほどまでに注目されているのでしょうか。

その最も大きな理由は、マイクロダイエットが栄養学に基づく健康的な減量法であるということです。減量をしながら一日に必要な約50種類の栄養素をきちんと摂取することは、他の減量法では容易に実現できない大きな強みの一つです。

マイクロダイエット一食分には、タンパク質、糖質、脂質の三大栄養素をはじめ、脂肪の燃焼を助けるビタミンB群やミネラルなどの微量栄養素、さらに話題のアミノ酸までが、過不足なく絶妙なバランスで配合されています。

普通の食事でマイクロダイエット一食分と同じだけの栄養素をとるならば、なんと幕の内弁当3.8個分の食事が必要になるそうです。これでは、とても減量どころではありませんね。

一方、栄養とカロリーの両立を実現したマイクロダイエットならば、健康的なダイエットが可能です。このことが、マイクロダイエットが大人気である一番の理由でしょう。


いくらマイクロダイエットが効果的なダイエットでも、継続するのが難しいハードなものなら、すぐ挫折します。

マイクロダイエットは、溶かして飲むだけのお手軽な方法で、なにより食べやすく美味しいので、ダイエットにつきものの憂鬱な気分やストレスも、さほど感じずにいられるでしょう。そんな「継続のしやすさ」も、マイクロダイエットの人気の秘密でしょう。


マイクロダイエットは効果を実感しやすいということも人気の一つでしょう。

効果には個人差がありますが、数週間〜数ヶ月で目に見える減量効果を体験する人が多いようです。栄養をバランスよく配合し、かつ低カロリーに押さえた効果的なマイクロダイエットの減量方法なら、自己流ダイエットでは到底成し遂げられない効果を感じることができるのでしょう。

マイクロダイエットには、「やせる成分」が入っているわけではありません。マイクロダイエットに入っているのは、約50種類の栄養成分だけです。実はやせるために重要なのは、十分な栄養を取ることなのです。

脂肪を分解する脂肪分解酵素を作る元になるのは、タンパク質やビタミンB群。タンパク質が体にきちんと吸収されるには、さらに糖質の力が必要ですし、ビタミンやミネラルも必要です。たくさんの栄養素をバランスよく摂る事ではじめて、きれいにやせられます。ダイエットでは、カロリーと同様に栄養素も重要なのです。

栄養素をきちんと摂ったダイエットなら、うれしいことが沢山あります。

まず挙げられるのは、気になる下半身やお腹からやせやすいこと。

栄養バランス無視の減量法では、生命維持に不要なバストからサイズダウンしてしまいます。しかし、マイクロダイエットなら必要な栄養素を十分に摂れるので、皮下脂肪の多いウエストやお腹、下半身からサイズダウンし、バストはキープしやすくなります。理想的なメリハリボディには、栄養を考えた減量方法が必須なんです。

次に挙げられるのは、リバウンドしにくいことです。

栄養を十分にとりながら減量すれば、余分な脂肪は落ちても筋肉量は減りません。よって、太りにくい体質を作ることが可能となり、ダイエット終了後もリバウンドしにくいのです。逆に、間違ったダイエットは体の中の栄養素や筋肉を減らし、やせにくい体質を作り出します。減量しているつもりが、逆効果…ということにもなりかねません。

さらに、肌荒れや骨量減少を防げることも利点です。

50種類の栄養素を含むマイクロダイエットなら、自己流ダイエットによくある肌荒れ対策にも効果的です。むしろ、「マイクロダイエットを始めたら、栄養状態が良くなって肌がきれいになったみたい」という声も聞かれるほどです。近年女性の間で高まっている骨量減少も、無理な減量法によるものです。将来の自分の体を考えるなら、きちんとした減量プランに従うことが大切です。


十分な栄養素の摂取を第一に考えているマイクロダイエットは、「健康的に美しくやせたい」という願望の実現を強力にバックアップしてくれます。栄養素を十分に取るという正しいダイエットを実践しましょう。


マイクロダイエットを購入するとダイエットダイアリーとダイエットグラフがついてきます。ダイエットダイアリーは毎日の食事や運動量などを、ダイエットグラフは毎日の体重の変化を記録するものです。この二つのツールを使いこなすことで、生活習慣全般を見直すことができます。

以上、マイクロダイエットの魅力を理解できたでしょうか?ダイエットで悩んでいる方は、一度マイクロダイエットに挑戦してみてはいかがですか?


マイクロダイエットでやせる!カテゴリー項目一覧

ハリウッドダイエットクッキー

    ハリウッドダイエットクッキー(バラエティパック)【ダイエットクリニック】
  • サイトマップ
  • RSS
  • ATOM
    • seo